裏側矯正は目立たない

歯とリンゴ

人気の治療

矯正歯科で行われている治療の中で最近人気になっているものが裏側矯正です。歯の矯正を行なう時に発生するデメリットを解消してくれるため、多くの人に選ばれているのです。矯正に対して不安があるなら裏側矯正について知りましょう。

裏側矯正でデメリットを解消

歯

周囲に気づかれない

歯を矯正することの大きなデメリットと言えば、存在感のある矯正器具でしょう。大人になってからでは少し抵抗を感じるといった人が多いです。裏側矯正であれば、歯の裏側に矯正器具を取り付けるので、そのようなデメリットを解消できます。

虫歯になりにくい

通常の矯正方法と違って、裏側矯正は虫歯発生のリスクが低いのです。歯の裏側はエナメル質が分厚い状態なので、矯正器具を付けたことによって起きる歯の磨き残しが多少あっても、虫歯ができにくくなっています。

唯一のデメリット

メリットが多い裏側矯正ですが、敢えてデメリットがあるとすれば、通常の矯正方法に比べると喋る時に若干発音がしにくいという点でしょう。歯の裏側にあるため、舌が当たってしまいます。しかし、通常の生活に支障が出る程ではないので安心できます。

広告募集中